Top / 歴史に残る建造物

歴史に残る煉瓦造の代表的建造物

北海道庁庁舎 - 1888年(明治21年)築、赤レンガ。
函館会館 - 1910年(明治43年)築、赤レンガ。
・赤レンガ郷土館 - 1912年(明治45年)築、旧秋田銀行本店。
文翔 - 1916年(大正5年)築、旧山形県庁舎、赤レンガ石張り。
富岡糸場 - 1872年(明治5年)築、木骨赤レンガ
上野書館(国際子ども図書館) - 1908年(明治41年)〜1929年(昭和4年)築構造は鉄骨で補強した煉瓦積、仕上げは白タイル。
東京駅 - 1914年(大正3年)築、国内最大規模の煉瓦建築。空襲で被害を受け、復旧の際に3階建から2階建に改められたが、元の形に復原する工事が進められている。  
法務省旧 - 1895年(明治28年)築、旧司法省の庁舎。
・誠之堂 - 1916年(大正7年)築、渋沢栄一に贈られたもので、世田谷に建てられた。保存のため、「大ばらし」工法で解体し深谷市に移築された。
立教 - 1918年(大正7年)築、赤煉瓦の校舎がキャンパスに並ぶ。
横浜開港記念会館 - 1909年(明治42年)築。
横浜赤レン倉庫 - 1911年(明治44年)築、赤レンガパーク。
・猿砲台(東京湾要塞) - 1884年(明治17年)築、現存する数少ないフランドル積の建造物。
・韮山
石川県立史博物館 - 明治時代末築。
・聖ヨハネ教会 - 博物館明治村に復元されている。
半田赤レン建物 - 1898年(明治31年)築、丸三麦酒(カブトビール)の醸造工場として建築された。現在は国の登録有形文化財で近代化産業遺産にも認定された。
舞鶴赤レガ倉庫群 - 1900年(明治33年)〜1920年(大正9年)築。
社大学 - 1886年(明治19年)〜築、今出川キャンパスに国の重要文化財指定の煉瓦校舎5棟。
大阪市中央会堂 - 1918年(大正7年)築。
- 1871年(明治4年)築。
水道記念館 (大阪市) - 1914年(大正3年)築。
築港赤レンガ倉庫 - 1923年(大正12年)築。
煉瓦倉庫レスラン街 - 1898年(明治31年)築
兵庫県公館 - 1902年(明治35年)築
神戸文学館 - 1904年(明治37年)築、初代関西学院チャペル。
姫路市立美術館 - 1913年(大正2年)築。
海上自衛隊幹部候補生学校
門司赤煉瓦プレイス - 1913年(大正2年)築。旧帝国麦酒株式会社のちにサッポロビール九州工場。現在は国の登録有形文化財で近代化産業遺産にも認定された。
福岡市文学館 - 1909年(明治42年)2月竣工。旧日本生命保険九州支店。1969年(昭和44年)3月、国の重要文化財に指定。
今村カトリック教会 - 1913年(大正2年)築の教会堂。福岡県指定有形文化財指定。
三菱号館 - もとは1894年(明治27年)築、ジョサイア・コンドル設計のオフィスビルで、1968年(昭和43年)に取壊された。もとあった場所に当初のままの工法(イギリス積み)でレプリカ再建することになり、2009年(平成21年)春に竣工。